完全!ゲーム攻略ガイド:龍が如く4 龍が如く4 伝説を継ぐもの の攻略チャート、装飾品、サブイベント(依頼・掛廻・手配帖・預り所)、マップ、必殺奥義、アイテム、ミニゲームなど完全攻略情報を掲載!
完全!ゲーム攻略ガイド:龍が如く3
 
   
トップ




 

   サブストーリー : 最終部   
主人公 名前 報酬 依頼主
桐生一馬 亜門 【龍神丸】 -
発生条件
62個のサブストーリーをクリアする。
《ニューセレナ》で、イベントを見る。 
攻略


・62個のサブストーリーをクリアする。
 (キャバクラ関係はクリアしていなくも大丈夫です。[キャバクラ攻略法・○×編]はクリアする必要あり。)
・《ニューセレナ》で、イベントを見る。 
 (主人公・桐生一馬で、《ニューセレナ》に入ると、イベントが発生します。)

・4人の主人公全員が戦う事になります。
・全員の装備を整え、回復アイテムを持たせておく事。
・谷村には、銃対策として【神樹の胴】【神樹の籠手】【神樹のすね当て】を装備させておく事。
 (西郷の修行コンプリート、センニンの修行コンプリート、ナイールの修行コンプリートで入手。)
・桐生には、【酷錬会の胴着】【酷錬会の鉢巻】【酷錬会の帯】を装備させておく事。
 (冴島サブストーリーコンプリート、谷村サブストーリーコンプリート、秋山サブストーリーコンプリートで入手。)


・神室中央パーキング307番にいる「男」に話しかけ、「闘技場に向かう」を選択。


亜門一也』と戦闘
・「秋山駿」が戦う事になります。
・投げは通用しないので、使用しないこと。
・こちらの攻撃を回避し、カウンター攻撃を仕掛けてきます。
 一発攻撃を仕掛けて×ボタンでスウェイ。(キャンセルスウェイ)
 敵が攻撃を行ってくるので、終了後に連続攻撃を加えていく。
・ゲージが溜まったら、「ウォールクラッシュ」を繰り出しましょう。
・敵が立ち上がり際は、攻撃がヒットしやすいので、チャンスを逃さないようにしましょう。
・敵のHPが少なくなると、攻撃がヒットしづらくなるので、
 アイテムでゲージを溜め、「ウォールクラッシュ」を連発して倒しましょう。


亜門次朗』と戦闘
・「冴島大河」が戦う事になります。
・敵はハンマーで攻撃を行ってきます。
 かなりの攻撃力なので、連続で喰らわないようする事。
・敵から距離を取り、攻撃後の隙を付いて攻撃を行う。
・掴み → △長押し → 追討ち攻撃を繰り返し行い、倒しましょう。
・ゲージが溜まったら又は溜まりそうになったら
 壁際で上記を行い、「鐘撞の極み」を繰り出しましょう。(敵を壁方向にして行う必要あり。)
 敵がダウンしている状態でのヒートアクション「追撃の極み」よりも与えるダメージが大きいので、有効です。

・敵がオレンジ色になると、体力が回復していきます。
 回復の間を与えず、攻撃を行いましょう。
・敵が赤色になると、、体力の回復+連続攻撃を行ってきます。
 今までの攻撃回数よりも多いので、接近するタイミングに注意しましょう。


亜門三吾』と戦闘
・「谷村正義」が戦う事になります。
・敵はマシンガンで攻撃を行ってきます。
・投げは通用しないので、使用しないこと。
・【神樹の胴】【神樹の籠手】【神樹のすね当て】を装備させておけば、前半戦は何の問題もありません。
 敵の銃撃は自動でガード+ダメージ0です。
・□×複数+△からの「コンボ追撃の極み」で、ダメージを与えていきましょう。

・敵のHPが少なくなってくると、蹴りなどの通常攻撃+捌きを行ってきます。
 こちらの攻撃が捌かれたら、すぐにL1を押し、敵の反撃を捌く。
 うまく捌けたら、攻撃を加えていく。
・回転しながらの銃撃後に敵がダウンするので、連続で攻撃を行うようにする事。
・後半も□×複数+△からの「コンボ追撃の極み」で、ダメージを与えていきますが、
 回避やガードがされやすくなるので、□での攻撃回数を減らすようにしましょう。


亜門丈』と戦闘
・「桐生一馬」が戦う事になります。
・投げは通用しないので、使用しないこと。

第1戦
・□×複数・△×2の攻撃を中心に攻撃を加えていく。
・敵がダウンしたら、追討ち攻撃を行う。
・ゲージが溜まったら、「前転の極み」や追撃技を繰り出していきましょう。
・起き上がり際の攻撃も有効。
・少しだけ距離を取り、敵の攻撃の隙を付いて攻撃を行うと、あまり攻撃を喰らわずにすみます。
・敵のHPを0にすると復活し、第2戦へ。

第2戦
・一也 / 次朗 / 三吾のスタイル+武器に次々とチェンジしながら攻撃を行ってきます。
・「次朗」の時は、自動で体力が回復します。
・攻撃を行うのは、「三吾」の二丁マシンガンタイプの時に行う。
・「三吾」の二丁マシンガンタイプの時
 掛け声の後の連続銃撃は、横方向にスウェイを行い背後に回り込み、
 背後から掴み → 投げ → 追討ち攻撃を加える。
・相手にぶつかるように接近し、回転蹴り → 銃撃を誘う。
 横に回り、攻撃を加える。
・ゲージが溜まったら、「前転の極み」や「追撃の極み」を繰り出しましょう。
・「次朗」のハンマースタイルの時にも攻撃を加える事ができますが、
 攻撃を喰らった時が痛いので、距離を取って回避に専念しましょう。

・後半、携帯電話を取り出し、レーザー攻撃?を行ってきます。
 HPは常に半分以上あるようにしておく事。














Copyright (C) 2004-
PlayLish All Rights Reserved,


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット